店頭買取と宅配買取の違い

Pocket

店舗買い取りと宅配買い取りの流れは少々違います。

まず店舗買い取りですが、とにもかくにも実店舗の店頭に売りたいiPhoneを持っていく必要があります。

その後に、査定を行い金額を決定して、売主の意思を確認した上で、売却完了となります。基本的に売却額は手渡しとなるので、移動の手間はかかりますが、すぐにお金が手に入るのがメリットと呼べる点です。

次に宅配買い取りですが、まず売りたいiPhoneを店舗から送ってもらった箱やこちらで用意した箱で指定された住所まで送ります。

その後、査定を経て自分のメールや電話に来た連絡を確認、売るのであればそのまま売却という形になるのですが、対面ではないため売却額をそのまま手渡しというわけには行かず、銀行への振込みが主な形となります。

宅配買い取りのメリットは、店舗にわざわざ行かなくても売却できるので、忙しくて店舗にいけないような方や店舗から自宅が遠方の方などに向いていると言えます。

iPhoneを送るための手間や、実際に査定を見て納得するという事が出来ないのが難点です。

This entry was posted in iPhone買取店舗の選び方. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります